Admin 

最近の記事


カテゴリー


全ての記事を表示する


月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム



⇒セクシャルヘルスケア商品の詳細・購入はこちら


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

⇒音楽の試聴・ダウンロードはこちらから




⇒セクシャルヘルスケア商品の詳細・購入はこちら


西川史子(にしかわあやこ)画像

 神奈川県出身。1971年4月5日生。美容形成外科医、タレント。
にしかわあやこ、と読む。
 セクシー女医としてマスメディアを賑わせる西川史子。
聖マリアンナ医科大学医学部卒業後、東京医科大学眼科、聖マリアンナ医科大学病院整形外科などを経て、現在松倉クリニック勤務だが、もちろんタレントとして有名。
 趣味はドライブ、ゴルフ、映画鑑賞など。 
平成8年には、大学在学中に「ミス日本」を受賞している。
 テレビ『恋のから騒ぎ』にも第3期生として出演。 
 数々の「過激風」発言が注目を浴びるのは、その発言内容に一部女性の本音が含まれているからだろう。
この後、どのように自分のイメージを変化させていくか注目される。
 医師としては、ヒアルロン酸注入が得意とされている。
 将来の希望は医療ジャーナリストになることであるとされる。
 主なテレビ出演番組
『サンデージャポン』
『太田光の私が総理大臣になったら・・・秘書田中。』
『熱血!平成教育学院』など。
その他、多くの番組へゲストとして出演している。
 主なラジオ出演番組
『いってらっしゃ~い』
『ヤングパーク』
『イマドッC(コレクション)』など。
 DVD『love affair』。
 出版『LOVE&SEX』。 


⇒音楽の試聴・ダウンロードはこちらから


スポンサーサイト


⇒セクシャルヘルスケア商品の詳細・購入はこちら


    稲垣吾郎(いながきごろう)画像

 東京都出身。1973年12月8日生。歌手、俳優。
 超人気アイドルグループSMAPのメンバーの一人。
 2001年8月に道路交通法違反、公務執行妨害容疑、傷害罪で逮捕されたことによりやや失速した感もあるが、事件以前は、SMAPメンバー中もっとも本格的な俳優・芸能人としてのイメージを築きつつあった。
 テレビドラマへの出演が非常に多く、とりわけ『ソムリエ』の佐竹城の役は、稲垣吾郎のいくらか貴族的なキャラクターを決定づけた。
『ソムリエ』はマンガをもとにしたテレビラマで、原作:城アラキ、漫画:甲斐谷忍、監修:堀賢一。
また、テレビ版金田一耕助シリーズも好評。
 主な出演テレビドラマは、1993年、『炎立つ』
1996年、『愛が叫んでる 幸福を探す女』、『最後の家族旅行』。
1997年、『彼・・・』、『恋の片道切符』。
1999年、『危険な関係』。
2001年、『陰陽師』。
2002年、『ヨイショの男』。
2005年、『Mの悲劇』、『飛鳥へ、そしてまだ見ぬ子へ』。
2006年、『ブスの瞳に恋してる』。
 主な出演映画は、1990年、『さらば愛
しのやくざ』。
1993年、『プラィベートレッスン』。
1997年、『パラサイト・イヴ』。
1999年、『催眠』。
2004年、『笑の大学』。
 今後、かつての勢いを取り戻すことが期待される。

⇒音楽の試聴・ダウンロードはこちらから




⇒セクシャルヘルスケア商品の詳細・購入はこちら


岡田准一(おかだじゅんいち)画像

 大阪府出身。1980年11月18日生。俳優、歌手。
 ジャニーズ事務所人気アイドルグループV6のメンバー。
ジャニーズ事務所入りしたのは1995年。
 バラエティ番組では、『学校へ行こう!MAX』での活躍が目立つ。
 主なテレビドラマでは、1999年、『新・俺たちの旅Ver.1999』。
これは1975年から中村雅俊主演で放送された人気ドラマのリメイクを意図したものだった。
ただ、内容はもとのドラマからかなり遠ざかった。
2000年、『モナリザの微笑』、『オヤジぃ。』。
『オヤジぃ。』は20世紀最後のTBS東芝日曜劇場となり、高視聴率を獲得。
2002年、『木更津キャッツアイ』で田渕公平役を演じる。
2003年、『末っ子長男姉三人』。
2005年、『タイガー&ドラゴン』。
 主な映画出演は、2003年、『COSMIC RESCUE』、『木更津キャッツアイ 日本シリーズ』。
2005年、『Tokyo Tower』、『フライ、ダディ、フライ』。
2006年、『花よりもなほ』、『木更津キャッツアイ ワールドシリーズ』。
 声優への挑戦もいくつかあり、『サンダーバード』の日本語吹替版や『ゲド戦記』の王子アレン役。
 見てきたとおり、ドラマ・映画・声優・バラエティと、積極的に出演を続けている。
これからの課題としては、「岡田准一ならでは」の役とめぐりあうことか。
  

⇒音楽の試聴・ダウンロードはこちらから




⇒セクシャルヘルスケア商品の詳細・購入はこちら


平岡祐太(ひらおかゆうた)画像

 広島県出身。1984年9月1日生。俳優。
 2002年、『ジュノンスーパーボーイ・コンテスト』でグランプリを受賞したことが芸能会入りのきっかけ。
俳優としてのデビューは2003年、重松清原作の『ライオン先生』主演は竹中直人だった。
その後順調に俳優としての実績を重ねる。
2004年には『スウィングガールズ』の出演により日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞している。
 その他、主な出演テレビドラマは、2004年、『めだか』。
2005年、『危険なアネキ』。2006年、『メッセージ~伝説のCMディレクター・
杉山登志~』、『カクレカラクリ』、『たったひとつの恋』と出演が相次ぐ。
2007年にはさらに活躍が目立ち、『東京タワー~オカンとボクと、時々、オトン~』、『プロポーズ大作戦』、『ファースト・キス』。
 主な映画出演を見ると、2004年には、『スウィングガールズ』の他に、『いま、会いにゆきます』。
2005年には、大ヒット作『NANA』。
2006年にはテレビと同様に出演が相次ぎ、『チェケラッチョ!!』、『トリック劇場版2』、『東京フレンズTheMovie』。
2007年には、『僕は妹に恋をする』、『幸福な食卓』など。
 volvic,AEONなどのCMにも出演している。
 着実にキャリアを積んできている平岡祐太だが、インパクトの強い役柄にめぐり合うことが今後の課題といえるだろうか。

⇒音楽の試聴・ダウンロードはこちらから




⇒セクシャルヘルスケア商品の詳細・購入はこちら


草薙剛(くさなぎつよし)画像

 愛媛県生まれ、埼玉県育ち。1974年7月9日生。歌手、俳優。
 いわずと知れたSMAPのメンバー。
歌手、バラエティタレントとしての活躍もさることな
がら、近年は俳優としての活躍が目立つ。
2007年には、第14回読売演劇大賞・杉村春子賞、優秀男優賞を受賞している。
 レギュラーのバラエティ出演は、『SMAP×SMAP』、『笑っていいとも!』など。
 主な映画出演は、2003年の『黄泉がえり』が大ヒット。
この作品は、梶尾真治の原作で、死者が蘇るという超常現象がテーマ。
映画は、監督が塩田明彦、共演が竹内結子、柴咲コウ、伊藤美咲と女優陣が豪華だった。
2004年、『ホテルビーナス』、『茶の味』。
2006年の『日本沈没』は、1973年に大ヒットした話題作のリメイク。
こちらの作品でも柴咲コウとの共演となっている。
 舞台にも積極的に出演している。
主な舞台出演は、『蒲田行進曲』、『父帰る/屋上の狂人』など。
 テレビドラマも話題作が多く、2003年、『僕の生きる道』、『太閤記 サルと呼ばれた男』。
2004年、『僕と彼女と彼女の生きる道』、『徳川綱吉 イヌと呼ばれた男』。
2006年、『僕の歩く道』など。
 もちろんSMAPとして歌のヒット作も多くある。

⇒音楽の試聴・ダウンロードはこちらから




⇒セクシャルヘルスケア商品の詳細・購入はこちら


江角マキコ(えずみまきこ)画像

 島根県出身。
1966年12月18日生。
女優。
 かつては日本たばこ産業の女子バレーボールチームに所属。
その後ファッションモデルを経て、女優に。
 注目を浴びたのは、1995年の映画『幻の光』出演。
この映画は、是枝裕和監督の作品で、宮本輝が原作。
原因不明の自殺をとげた夫に対する妻の複雑な感情を静謐に描写した。
この作品は、国内外を問わず高い評価を受け、ヴェネチア国際映画祭、バンクーバー映画祭などで賞を受賞。
映画デビューの江角マキコも、ブルーリボン新人賞などの映画賞受賞を果たした。
 しかし、その後はどちらかかといえばテレビドラマ中心に活躍。
170cm のスタイルを生かした『ショムニ』で話題をさらい、パート3まで製作される。
 1996年、写真家の桐島ローランドと結婚したが、間もなく離婚。
2003年、フジテレビディレクターの平野眞と再婚。
2005年には、38歳で長女を出産。
 その他、主なテレビドラマは、1999年『Over Time-オーバー・タイム』、『今夜は営業中』。
2001年、『ラブ・レボリューション』。
2003年、『マルサ!!』。
2007年、『地獄の沙汰もヨメ次第』。
 主な映画は、1997年、『恋は舞い降りた』。
2001年、『ピストルオペラ』。
 今後、一層の活躍が望まれる。

⇒音楽の試聴・ダウンロードはこちらから




⇒セクシャルヘルスケア商品の詳細・購入はこちら


伊藤美咲(いとうみさき)画像

 福島県出身。
1977年5月26日生。
女優。
 他を圧する美貌でますますエンジンがかかってきた伊藤美咲のキャリア。
その姿がファンの印象に残り始めたのは2001年の『新・お水の花道』あたりからか。
2002年は森田芳光監督の『模倣犯』へ出演している。
また、2004年公開、同じく森田監督の『海猫』では、主演として野田薫役を努めた。
どちらかといえばモデル的きれいさのみが先走っていた伊藤美咲にとって、『海猫』は重要な作品となる。
『海猫』は、谷村志穂の原作をもとにした作品で、漁村へと嫁いだ、日本人とロシア人のハーフとして生まれた娘の苦しい生涯を描いている。
伊藤美咲の持ち前の美貌は、ロシア人の父がいるという設定でもまったく違和感なく、激しいラブシーンも含め、体当たりで演じた結果、日本アカデミー賞新人俳優賞などに選出された。
 テレビドラマとしては、2005年『電車男』、『危険なアネキ』などで一般的な人気が完全に定着。
2007年『山おんな壁おんな』では、一つの得意技ともなったコメディ演技にも安定感が出てきた。
 映画出演も順調に経験しており、内容もコメディ、ホラー、恋愛など多岐に渡っている。
 男女問わずファンも多く、希少な本格的美貌と現代性を兼ね備えた女優として、今後さらに大きな役に恵まれることが期待される。

⇒音楽の試聴・ダウンロードはこちらから




⇒セクシャルヘルスケア商品の詳細・購入はこちら


麻生久美子(あそうくみこ)画像

 本名平丸久美子。千葉県出身。
1978年6月17日生。
女優。
 映画を中心として活躍する女優。
以前は広田絵美として活動していた。
 1995年、第6回全国女子高生制服コレクションでグランプリ。
同年、『BAD GUY BEACH』で映画デビュー。
女優として確固たる地位を築いたのが1998年の『カンゾー先生』。
この出演によって日本アカデミー賞最優秀助演女優賞、新人俳優賞など多くの映画賞を受賞。
この『カンゾー先生』という作品は、原作坂口安吾、監督今村昌平で、終戦間近の岡山県を舞台とした喜劇映画。
麻生久美子のみならず、主演の柄本明も多くの映画賞を受賞した。
 映画出演歴は抜群に豊富で、その内容もバラエティに富んでいる。

主な出演映画は、
2000年、『リング0~バースデイ~』。
2001年、『風花』、『贅沢な骨』。
2002年、『命』、『ラストシーン』。
2003年、『魔界転生』、『アイデン&ティティ』。
2004年、『CASSHERN』、『丹下左膳』。
2005年、『真夜中の弥次さん喜多さん』。
2006年、『THE 有頂天ホテル』、『涙そうそう』。
2007年、『どろろ』、『怪談』
など、他多数。
 これからの麻生久美子に望まれるのは、再び『カンゾー先生』のように印象的な役にめぐり合うことだろう。 

⇒音楽の試聴・ダウンロードはこちらから




⇒セクシャルヘルスケア商品の詳細・購入はこちら


綾瀬はるか(あやせはるか)画像

 広島県出身。
1985年3月24日生。
女優、タレント。
 2000年、第25回ホリプロタレントス
カウトキャラバンで特別賞。
 デビュー当時はバラエティ出演が多かった。
その後、テレビドラマを中心に活躍。
映画への出演も増えてきている。
 主なテレビドラマ出演作は、
 2001年、『金田一少年の事件簿』。
 2002年、『風の盆から』。
 2003年、『僕の生きる道』、『ブラッ
        クジャックによろしく』。
 2004年、『それは、突然、嵐のように』。
       『世界の中心で、愛をさけぶ』。
 2005年、『あいくるしい』、『赤い運命』。
 2006年、『里美八犬伝』、『白夜行』、
       『HERO』、『たったひとつの恋』。
 2007年、『ホタルノヒカリ』

 主な映画出演作は、
 2004年、『雨鱒の川』
 2005年、『戦国自衛隊1549』
 2006年、『たべるきしない』
 2007年、『HERO』
 また、2008年にも、何本かの出演作が待機している。

 これまでの印象的な役は、『世界の中心で愛をさけぶ』の廣瀬亜紀役。
映画版で長澤まさみが剃髪して映画ファンにインパクトを与えた役を、同様に剃髪で挑んだ。
また、『白夜行』の出演も強い印象を残している。
『ホタルノヒカリ』では、初の連続ドラマ主演を果たした。  

⇒音楽の試聴・ダウンロードはこちらから




⇒セクシャルヘルスケア商品の詳細・購入はこちら


生田斗真(いくたとうま) 画像

 北海道出身。
1984年10月7日生。
タレント・俳優。
ジャニーズ事務所所属。
 生田斗真はジャニーズJr.のメンバーの1人。
1996年から1997年の間、体験型教育番組『天才てれびくん』のてれび戦士となる。
1997年には、NHK連続テレビ小説『あぐり』に出演。
吉行あぐり(吉行淳之介や吉行和子の母)の人生を描いたこのドラマで、生田斗真は吉行淳之介の若き日を演じた。
『あぐり』への出演は、生田斗真の全国的・一般的知名度を大きく上げる。
なお、『あぐり』の舞台は岡山県、あぐり役は田中美里だった。
 また、『中居正広のボクらはみんな生きている』への出演も、生田斗真の人気アップに貢献した。
生田斗真はこの番組の中で、クイズの「お助け隊」として、岸本加世子、菅野美穂らとともに活躍。
 ドラマへの出演は、『劇団演技者』、『刑事部屋~六本木おかしな捜査班~』、『花ざかりの君たちへ』など。
 舞台での活躍も多い。
『WEST SIDE STORY』、『あずみ~AZUMI on STAGE~』、『あずみ~AZUMI RETURNS~』、『EndlessSHOCK』など。
 その他、バラエティ、単発ドラマの出演も多い。

⇒音楽の試聴・ダウンロードはこちらから




⇒セクシャルヘルスケア商品の詳細・購入はこちら


浜崎あゆみ(はまさきあゆみ) 画像


 本名濱崎歩。福岡県出身。1978年10月2日。歌手、作詞家。
 数々のエピソードに満ちた浜崎あゆみのサクセスストーリー。
福岡のモデル事務所に所属していた時期は、「浜崎くるみ」という芸名だった。
その後、サンミュージックの所属となり、『ツインズ女教師』で女優デビュー。
様々な映画、ドラマに加えて、声優の仕事などもこなしていた。
 
凄まじくブレークしたのは歌手として。
 1999年発売の1stアルバム『A Song for××』でオリコンチャート1位。その後は、女子中学生、女子高校生のカリスマとして怒涛の快進撃を始める。
ブレークを始めた当初は、鈴木あみとライバル視されるきらいがあったが、現在2人を比べる者はいない。
 そのファッションは、街にプチ浜崎あゆみを溢れさせた。
ブロンドやネイルアート、ヒョウ柄など、従来の日本人女性がどちらかといえば苦手としていたスタイルをほぼ定着させたのは、良かれ悪しかれ浜崎あゆみに負うところが大きい。
また、浜崎あゆみの美容整形疑惑は、よく聞かれるところである。
 
2001年から3年連続でレコード大賞受賞を果たす。
2004年以降は、エイベックスのお家騒動などもあり、全盛期の熱狂的なムーブメントは落ち着いたかに見える。
2007年、長きに渡って交際していた長瀬智也との破局を発表。

ところで、あゆの身長は何cm?
調べてみると、150cmちょっとという説から157cmまでありました。
本当のところはどうなんでしょう。
かなり小さいような気がします。

⇒音楽の試聴・ダウンロードはこちらから




⇒セクシャルヘルスケア商品の詳細・購入はこちら


インリン・オブ・ジョイトイ 画像

 本名イェン インリン。台湾台北市出身。
1978年2月15日生(1976年説有)。
タレント。

 類まれなるプロポーションでメディアを席巻し、ファンの目をくぎ付けにするインリン・オブ・ジョイトイ。
 その活動は多岐にわたる。
グラビアアイドルはもちろん、時に歌手、ときに女優として活躍するインリンは、かつてK1のラウンドガールの一人であり、吉岡美穂とともにレースクイーンとして活躍していた時期もある。
ちなみにジョイトイというのはプロジェクト名。
 インリンの名を、特に多くの男性ファンの間でブレークさせたのは、プロレス団体『ハッスル』のリングに「インリン様」のキャラクターとして上がり始めてから。
高田総統率いるモンスター軍の幹部として、小川直哉などが率いるハッスル軍と対立。
鞭を持ち、『ボレロ』の曲とともに現れ、M字ビターンと呼ばれるポーズで熱烈なファンを増やした。
 テレビのトーク番組などでは、『ハッスル』のリング上や写真集・DVDなどで見せるM字開脚などの過激なスタイルとはまた違った、おっとりとした飾り気のない性格を垣間見せる。
その辺りが一部女性にも支持される理由か。
 今後、どのような仕掛けをしていくか、あるいは路線転換をはかるか、注目される。

2007年7月、インリン様が“第2子”を妊娠していたことがわかった。
父親はなんとグレート・ムタ。

⇒音楽の試聴・ダウンロードはこちらから




⇒セクシャルヘルスケア商品の詳細・購入はこちら


柏原収史 画像

 山梨県出身の俳優・ミュージシャン。1978年
12月23日生。
 俳優の柏原崇を実兄に持つ。1993年、兄がオーディションを受けているのを見ていてスカウトされる。
 その後、俳優・ミュージシャンとして活動。
バンド、『No'where』、『STEEL』を結成。
しかし双方とも活動中止中である。
 俳優としての活動は目覚しく、特に質の高い映画へ出演することで評価を上げている。
2007年7月8日安田美沙子と破局発覚。原因は性格の不一致と、互いに仕事が原因で、次第に心のすれ違いが生じたためだったという。


 主な出演ドラマ

 週末婚
 YASHA-夜叉-
 百年の物語
 もう一度キス
 海図のない旅
 タイムリミット
 エースをねらえ!
 87% 私の5年生存率
 Mの悲劇
 アンナさんのおまめ
 パパとムスメの7日間 

 主な出演映画

 あした
 ねらわれた学園
 きょうのできごと
 血と骨
 二番目の彼女
 ルナハイツ
 カミュなんて知らない
 日本以外全部沈没
 出口のない海
 ルナハイツ2

 特に『カミュなんて知らない』は作品的評価が高く、カンヌ国際映画祭などにも出品された。
 テレビドラマへも多数出演しており、甘いマスクだけでない複雑な感覚を醸し出すことができる。
 また、映画・ドラマのみならず、ラジオ出演やネットドラマなどもに積極的に登場。
 有望な若手人気俳優が続々登場してくる昨今、それらの人材たちとのすみ分けや差別化がこれからの課題か。

⇒音楽の試聴・ダウンロードはこちらから




⇒セクシャルヘルスケア商品の詳細・購入はこちら


にしおかすみこ 画像

 本名西岡純子。千葉県出身。1974年11月18日生。コメディアン。
青山学院大学経済学部卒、身長163cm、SM女王の姿で人気のにしおかすみこは必ずしも順風満帆の芸能生活ではなかった。 
1994年にデビュー。
当時は「西岡すみこ」という芸名だった。
2002年、「つぶつぶ」を結成し、嶋岡里美とコンビを組む。
現在のにしおかすみこは、このような芸歴を経て生みだされたということになる。
 
代表的なギャグとして、「にしおかぁ~すみこだよ~」というものがある。
三点倒立からのギャグにも定評がある。
 ところで、にしおかすみこのS女王振りであるが、見事なプロポーションを強調する衣装に鞭を持っているところまで確かにS女王である。
しかしよく見てみると、甲高い声でやや困惑気味の表情を出しながら自虐的なネタを疲労する様子は、どちらかといえばMである。
そのあたりのアンバランスさが、コメディアンとしてうけている原因だろうか。
 
にしおかすみこの主な出演番組
 
 にしおかすみこの「よがってんじゃないよ~!」
 ラジかるッ
 行列のできる法律相談所
 クロノス
 月光音楽団

⇒音楽の試聴・ダウンロードはこちらから




芸能人画像名鑑 | 

▲ページトップ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。